次世代CPU「Skylake」の内蔵GPUの名称と種類が明らかに!ナンバーが3桁に

Intel CPU-1

8月5日にデスクトップ向けとなる「Skylake-S」シリーズのハイエンドモデルが発売されましたが、新たに他のシリーズの内蔵GPUの名称と種類が判明しました。

Sponsored Links

内蔵GPUのナンバーが3桁に

今までのモデルは4桁のナンバーを採用していましたが、「Skylake」シリーズでは内蔵GPUのナンバーは3桁に変更されているようです。

IntelのCPUにおける内蔵GPUのナンバリングは「SandyBridge」世代のHD graphics 2000HD graphics 3000から始まり、「IvyBridge」でHD graphics 2500HD graphics 4000となり、「Haswell」では4200から5200のナンバーが用いられ、そして「Broadwell」では5300から6300のナンバーが使われていました。
「Skylake」ではこの流れに従わず、ナンバーは3桁となり、510から580のナンバーが使われるようです。

詳しくは以下の通りです。

Skylake GPU list

内蔵GPUの性能はGT1<GT2<GT3/GT3e<GT4eとなっています。同じGT2でもCPUのシリーズにより、性能が若干異なり、基本的にナンバーが高いものほど高性能になっています

従来のナンバリングだとナンバーを見てもそれがどの世代のGPUなのかわかりにくかったのですが、「Skylake」で内蔵GPUが500番に統一されたことにより、どの世代のGPUなのか、どのくらいの性能なのかが非常に把握しやすくなりました。

「Skylake」以降の内蔵GPUのナンバリングはおそらくこれに準ずるものになると思われます。

参考:北森瓦版 画像参考:PCGAMER
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>