NTTドコモは2月1日からiPhone6sを約1万円値上げし、実質0円を廃止する見込み

docomo logo

SankeiBizの情報によりますとNTTドコモは2月1日からiPhone6sの値段を約1万円値上げする見込みであることが判明しました。

Sponsored Links

実質0円撤廃へ

iPhone6s 16GBモデルでは毎月の通信料金から3500円が割り引かれる「月々サポート」により、本体価格が実質0円となっていましたが、ドコモはこれを見直して実質0円を廃止し、約1万円ほど値上げする見込みのようです。

また、ドコモだけでなく、他の携帯電話大手であるauやソフトバンクもこれに続く見込みであるとのことです。

しかし、値上げは行われるものの端末契約1台当たり2~4万円程度の販売奨励金は継続されるとのことです。

通信料金の高さを政府より指摘され、毎月の携帯料金が安くなるはずだった値下げ計画ですが、むしろ値段が上がるという全く真逆の結果となってしまいました。

一応データ利用の少ない人向けに安い料金プランが用意されるようですが、データ通信をよく利用する大半のユーザーに対しては値下げどころかむしろ値上げされる見込みのようです…

参考:SankeiBiz気になる、記になる…
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。