携帯料金の新たな値下げ案が思ってたのと違う…1GBプランが登場し、実質0円が廃止か?

soumushou nesagean

いまや世代問わず一人1台が当たり前になりつつあるスマホですが、普及するにつれて毎月かかる料金が高すぎることが度々問題視されてきました

この事実に対し、総務省は大手携帯会社に携帯料金の値下げをするように要請していました。

Sponsored Links

1GBプラン登場で対応か?

この要請に対し、各社は毎月のLTE通信容量が1GBのプランを登場させることで、月額5000円以下に抑えられるプランを発表する方針のようです。

また、他社から乗り換えた人を対して、キャッシュバックや携帯本体の代金が実質0円などの優遇措置を行ってきましたが、それでは新規や機種変更するユーザーが不公平とのことで、それも廃止される予定であるとのこと。

これは結果的にどんなことが言えるのか。

携帯通信をほとんど使わないライトユーザーにとってはこの月額5000円以下の1GBのプラン登場はありがたいところでしょう。

しかし、携帯通信をよく使うユーザー(おそらく大半のスマホユーザー)にとっては何も変わらないどころか、乗り換え時の優遇もなくなってしまうので、逆に今までより料金が高くなる可能性があるということです。

これではせっかくの値下げ案も全くの逆効果、携帯会社にうまく利用される形になっています。

多くのユーザーが求めているのはこんな値下げではないはずです。

もっと根本的に携帯の通信料そのものの値段を下げるなどの措置をしてほしいはず。

まだ決定したわけではありませんが、ドコモは既に乗り換え時のキャッシュバックを廃止する方針で他の会社もこれに続くものと思われます。

参考:ITmedia
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。