Apple Watch 3はeSIM対応、LTE通信対応で電話は非対応か

Apple Watch 2-4

9to5Macによりますと、Apple製品のリーク情報に定評のあるKGI証券のMing-Chi kuo氏が次期Apple WatchはeSIM対応で音声通話は非対応であると予想していることが判明しました。

Sponsored Links

LTE通信を利用したデータ転送のみ対応か

情報によりますと、次期Apple Watchは従来のSIMカードを物理的に交換するものでなく、内蔵型でリモート操作で通信業者を切り替えるeSIMになるとのことで、3G通信には対応せず、LTE通信のみになるとしています。

また、LTE通信はデータ転送のみに使用されるとしており、音声通話には対応しないとのこと。しかし、SkypeやFaceTimeのようなVoIPサービスは除外されていないとしています。

ラインナップはLTEモデルと非LTEモデルの両方が提供され、サイズは従来と同じ38mm、42mmの2つになる見込みのようです。

eSIM対応であることはHomePod内のデータからも見つかっており、おそらくほぼ確定であるものと思われます。

次期Apple WatchはeSIM内蔵でLTE対応か!?HomePod内から流出
開発者のJeffrey Grossman氏によりますと、HomePodファームウェア内から次期Apple WatchがeSIMを搭載...

音声通話には対応しないとのことですが、SkypeやFaceTimeのようなサービス(おそらくLINEも)は対応するものと思われ、そうしたサービス経由での通話は可能になることが期待できます。

これはApple Watchが大きく進化することが期待できそうですね。そのうち簡単な連絡はApple Watchに置き換わりそうな予感です。

参考:9to5Mac
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。