iPhone7は電磁波遮断性能が強化され、高密度回路を実現か!?

Apple Watch-S1

MacRumorsによりますと、今秋発表されるとみられるiPhone7はチップごとに個別の電磁波遮断シートの使用しているとのことです。

Sponsored Links

高密度回路を実現か

これまでのiPhoneには回路の大部分に電磁波遮断シートを使用していましたが、iPhone7では一つ一つのチップに電磁波遮断シートを使用することで、無線によるノイズの影響を減らし、より電磁波の遮断性能を強化しているとのことです。これはApple WatchのS1チップパッケージに用いられている技術と同じものとのこと。

これによって、より小型で高密度な回路を実現できるとのことで、本体をより小型にしたり、バッテリー容量を増加させたりすることが可能になるようです。

今回の情報が本当ならばiPhone7はバッテリー容量がより増加することが期待できます。

iPhone7はイヤホンジャック廃止による薄型化や防水仕様となることなどが噂されており、想像以上に大きなアップデートとなるのかもしれません。

iPhone7はイヤホンジャック廃止、完全防水仕様、ワイヤレス充電対応か!?
ニュースメディアFast Companyによりますと、Appleに詳しい情報筋からの情報として、iPhone7はイヤホンジャックが廃...

参考:MacRumors
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。