Samsung、バッテリーの爆発被害が相次ぐ「Galaxy Note 7」の使用を中止するよう自ら呼びかけ

galaxy-note-7-battery-1

先月発売されたばかりの「Galaxy Note 7」ですが、バッテリーの爆発被害が相次ぎSamsungが公式に使用を中止するよう呼びかけ、リコールを行うことを正式に発表しました。

Sponsored Links

バッテリーの爆発被害が多発

Samsungの「Galaxy Note 7」はこれまでに多くのユーザーが爆発被害に遭遇しており、中には自動車が全焼したり、家が全焼したりするなどただならぬ被害をもたらしているケースもあるようです。

galaxy-note-7-battery-2

Galaxy Note 7により全焼した自動車、参考:GIGAZINE

この状況を重く見たSamsungは、Galaxy Note 7の使用を直ちに中止し、リコールを発表したものと思われます。

Galaxy Note 7は高性能オクタコアプロセッサやGorilla Glass 5、USB-Cなどの最新技術を搭載し、優れたデザイン性を兼ね備えた非常に魅力的な製品でしたが、このように安全性に問題がある(しかもかなり危険)ようではそのような魅力も全てが無意味となってしまいます。

世界的に圧倒的なシェアを誇るSamsungの大人気機種Galaxy Noteで起こった被害なだけに、今回の件で今後の同社の製品に対する信用に大きな影響を与えることになるでしょう。

参考:GIGAZINEcnet
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。